トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

project2013

言語文化共同研究プロジェクト2013

電子化言語資料分析研究2013–2014

  • 田畑 智司: プロジェクトの目的と活動
  • 今尾 康裕: 学習者の接続副詞の使用を探る―単語?文?分析単位で違いは生じるか―
  • 岩根 久: イタリアソネットの自動押韻ラベル付与 ―ペトラルカ『カンツォニエーレ』のソネット―
  • Tomoji Tabata: Stylometry of Collaboration: Pinpointing style changes in the text of mixed authorship
  • 八野 幸子: Random Forest による英語理学療法論文の特徴語抽出の試み―専門語彙抽出への Random Forest 応用に向けて―
  • 木山 直毅: スケール形容詞における意味強制

自然言語への理論的アプローチ

  • 秋田 喜美: Fictivity and Frames in Mimetic State Expressions
  • 越智 正男: Classifiers in Japanese and Exo-Skeletal Syntax
  • 小林 翠: 指令的発話行為を暗示するThe more . . . , the better. 構文
  • 中西 亮太: The Syntax of Half-relatives in Japanese
  • 三藤 博: 言語学と哲学をめぐって
  • 宮本 陽一: トルコ語における主語条件効果の欠落について
  • 向 明栄茂: Island Non-Repair in Japanese Stripping
  • 山本 恵子: V NP away 構文におけるNPとawayの語順の交替について
  • 由本 陽子: A Consideration on Type Shift of Compound Nouns in Japanese

批判的社会言語学の展望

  • 山下 仁: 社会言語学から見たポライトネス研究の課題
  • 植田 晃次: 国立国語院企画『結婚移民者とともにする朝鮮語』から見た大韓民国における結婚移民者観の変化
  • 中島 武史: ろう児に対する英語リスニング試験の妥当性について
  • 小川 敦: ルクセンブルクにおいてドイツ語は周辺化されるのか―公用語としての位置づけをめぐって―

英語教育の今日的課題

  • 日野 信行: The Learning of EIL in EMI Classes in Higher Education
  • 竹蓋 順子: 英語リスニング教材選定システムの開発とその効果の検証―3R教材の効果の最大化を目指して―
  • 小田 節子: 台北市における小学校英語教育―理念と現場の狭間で―
  • YU, Simon: International English Education in Japanese Elementary Schools: Classroom variance as observed from instructor accounts

音声言語の研究8

  • 上田 功: 機能性構音障害の音韻体系は「自然」なのか?
  • 郡 史郎: 強い承認要求に用いられる文末の強調型上昇イントネーション(段状上昇調)の音声的特徴
  • 中村 静: 英語音声の第1強勢を含むリズム区分と第2強勢を含むリズム区分の関係に関する研究
  • 田中 瑶子: 「ストレスシフト」の音声的特徴―ピッチと持続時間の分析をもとに―
  • 張 若星: 中国語の統語的曖昧文のイントネーション―中国語母語話者による生成実験及び聴取実験からの分析―
  • 盧 明智: 日・韓両国語の鼻音とその異音
  • 金子 理紗: 日本語における音長変化を伴う強調についての予備的考察
  • 甲斐 朋子: 隣接ペア「もしもし」の韻律的特徴について―親しい先輩・同輩・後輩との会話の場合―
  • Clenton, Jon: An exploration of the potential relationship between collocation, intuition, and L2 proficiency
  • 渡部 眞一郎: Diphthong shift in London English

表象と文化

  • Аlexander Dybovsky:  О содержании учебника японского языка Гущо и Горбштейна, а также о картине мира в нем(Gushcho&Gorbshteinの日本語教科書の内容及びその教科書における世界観について)
  • Christophe Garrabet : Édifier par la science : le « théâtre scientifique » de Louis Figuier
  • Takashi Kitamura: La réception créative de Baudelaire chez Kafû, Tanizaki et Akutagawa
  • 林 蔚榕: 台湾映画に見る日本マンガ的要素―映画『總舖師』と職人マンガをめぐって
  • ヴィノグラードワ ダリア: 古代文字(甲骨文字)における構成要素に関する一考察―現代漢字及び現代記号(アイコン)との対照分析を通して
  • Takayuki Yokota-Murakami: Being an Expatriate at Home: An Internal and External Exile of Jewish Poets in Russia and America

時空と認知の言語学

  • 井元 秀剛: ト条件文とタラ条件文の使い分け
  • 沖田 知子: 解釈における有標化現象
  • 瀧田 恵巳: 一人称物語『緑のハインリヒ』におけるOrigoと視点について
  • 早瀬 尚子: insubordinationとしてのSupposing節単独用法
  • 春木 仁孝: ça mouille(ça+動詞)構文のネットワーク

テキストのレトリック 文化のレトリック ― 修辞・思想・翻訳 ―

  • 渡辺 秀樹: 19世紀英国動物寓意詩 The Jackdaw at Home本文転写、校訂、脚注、解説、登場鳥名・比喩義一覧
  • 渡辺 秀樹・大森 文子: The Jackdaw at Home 全訳
  • 大森 文子: 饗宴の文化的意味―コクマルガラスの寓意詩のメタファーをめぐって
  • Andrew Murakami-Smith: Alternative Reading: the Case for an “Osaka Tradition” in Modern Japanese Literature
  • 笹川 恵美子: 「天声人語」のRhetoric―コラム読解の一方法
  • Tomoya Ohtani: A Revisit to Synesthetic Expressions on Touch
  • 大神 雄一郎: “字義”と“現実”とレトリック―認知能力の反映とコミュニケーション効果の観点から
  • Gerry Yokota: The Power of Metaphor and Myth: Pandora’s Box
  • Trane DeVore: “Pass the butter, Japan is toast”: Alternative Media, Paranoia, and the Apocalyptic Tendency in American Thought
  • 横山 香奈: 日系アメリカ人の教育観に関する一考察

外国語教育の新しい局面(4)― Facets of Foreign Language Teaching Today ―

  • Bertlinde VÖGEL: Der Absentiv und Richtungsangaben – für DaF-Lernende erklärt
  • Stefan VOGL: Seminare und Bachelorarbeiten zum Thema „Atomkraft“ am Forschungsinstitut für Sprache und Kultur in den Jahren 2012 und 2013
  • 力武 京子: ドイツ語教育現場から見たICTの実践的使用―CALLから自習支援装置としてのスマートフォン・タブレットへ

言語文化の比較と交流 1

  • 尾崎 久男: 中世低地ドイツ語『パリスとヴィエンナ』試訳(上)
  • 佐古 敏子: 幕末から明治初期の英文典にみる「動詞の変遷」に纏わる一考察― Impersonal Verbs の訳述起源について
  • 中 直一: 鴎外訳「新浦島」に見られる翻訳技法(1)―底本の語順をどう邦訳に生かすか ―
  • 花井 晶子: 日本スポーツ界における暴力的体質―諸外国の新聞が伝える日本社会の様相―
  • 平山 晃司: 古代ギリシアの法における刑罰としての呪い

ポストコロニアル・フォーメーションズIX

  • 木村 茂雄: 土着と近代、周辺と中心、ローカルとグローバル―その狭間の理論と文学―
  • 小杉 世: オセアニアと暗黒舞踏―近代と土着、普遍性と個別性をめぐる考察―
  • 松本 承子: O’Flaherty V. C.における世界主義者としての逃避―帝国主義と民族主義の狭間―
  • 伊勢 芳夫: 東洋の「知層」と西洋の「知層」―知の考古学的研究―

文化の解読(14)―文化と公共性―

  • Oliver AUMANN: Die deutschsprachige Zhuangzi-Rezeption Martin Bubers Ausgabe von 1910 (1918)
  • Hiroko MIZUNO: Die „Überwindung der Moderne?“Die Krisenlösung der 1930er Jahre in Japan (Teil II)
  • 山本 佳樹: 〈ヴィネトゥ〉という名のファンタジー―カール・マイとドイツ製西部劇―
  • 津田 保夫: 村上春樹の小説と謎解きゲーム―『1Q84』を中心に―