言語文化共同研究プロジェクト2005

投稿日: 2019年11月5日

 

  言語における時空をめぐって?

  • 井元秀剛:英仏日本語における時制の基準点
  • 沖田知子:行為解説の進行形をめぐって
  • 瀧田恵巳:現代ドイツ語heraus,hinausの非空間的用法における意味分類について-文構造の見地から-
  • 春木仁孝:自伝における過去形の用法について-Barbaraの自伝における単純過去-
  • 渡辺伸治:時間把握と時間表現

 

  外国語教育の新たなる方向性

  • HINO Nobuyuki:Toward Reflective Teaching in EIL Education
  • 力武京子:外国語授業・学習の「質的」アプローチの試み-ポートフォリオを用いた教師と学習者のコミュニケーション-
  • 中川亜紀子:コミュニカティブ・アプローチの理論的源泉と母語話者信仰
  • 竹中芽久美:/r‐l/対立語においての母音知覚-第二言語音声獲得と音声教育の可能性-

 

  アメリカ文化研究の可能性?

  • 里内克巳:赤い鳥のビーズ細工-ジッカラシャ『アメリカ・インディアンの物語』の構成をめぐって-
  • 朴萆英:フレデリック・ダグラスのマスキュリニティ言説-アンテベラム期から南北戦争期を中心に-
  • 山下弥生:Chicago’s A.M.E. Church in “Crisis”:Black Migration,the Great Depression, and Its Impact on the Black Church in the Northern City
  • 森祐司:野外教育と冒険-アメリカ的「冒険」の概念再考-
  • 小木麻里子:「緑(グリーン)の日」はどこへ向かうのか――1990年代アメリカのセント・パトリックス・ディ――
  • 木原善彦:アイロニーからポリフォニーへ-メンタル・スペース理論と小説の文体論-

 

  電子化言語資料分析研究2005-2006

  • 田畑智司:プロジェクトの目的と活動
  • 後藤一章:学術英語コーパスにおけるSV表現抽出の試み-Corpus Based EAP Learningへ向けて-
  • 岩根久:統計処理言語Rを用いたテキストデータ加工のテクニック2-日本語Windows環境でのフランス語テキスト処理-
  • 紙谷一彦:書き言葉と話し言葉におけるbody形,one形不定代名詞の共起語の違い
  • 石部尚登:差異を計る尺度としての対数尤度比の利用 -複数のキーワード間の関係を探るために-
  • 藤原康弘:日本人英語使用者コーパス編纂プロジェクト -Japanese User Corpus of English:JUCE-
  • 田畑智司:米国歴代大統領就任演説の言語を計る -多変量アプローチによるテキスト類型化試論-
  • Norihiro Ogata:A Non-Monotonic Deductive Learning of Domain-Specific Ontologies from Domain-Specific Texts

 

  ドイツ啓蒙主義研究6

  • 福田覚:ズルツァーの美学事典の体系性をめぐって-事典形式と理論的な体系性についての予備考察-
  • 中直一:ベルリン啓蒙主義における「水曜会」の存在について(2)-ニコライおよびクラインの文書より-
  • 斉藤渉:「知識人共和国」は何語で話すか-プロイセンの啓蒙主義とフランス系入植者-(後編)

 

  ことばと反復3

  • Shinichiro Watanabe:REPETITION IN ENGLISH AND JAPANESE TEXT:A CASE STUDY OF HOW THE PROPER NAME “JESUS” IS REPEATED
  • Jonathan Clenton:REPEATING LEX30 WITH A SPOKEN VARIANT.
  • 尾崎久男:キャクストン訳『パリスとヴィエンナ』に見られる慣用対句-and/or/neで結ばれた同義反復表現を中心に-
  • 能登邦之:和歌表現と反復
  • 江本礼美奈:刺激音に対するオノマトペの表記、認識についての考察
  • 中尾かおり:音の明暗について-コードを構成する音の関係から-
  • 大村敬一:自己の反復/反復の自己:相互行為のあり方からみる戦略と戦術の違いについての覚え書き

 

 自然言語への理論的アプローチ-統語編-

  • 石川弓子:Control Shift and Passivization in Subject Control Constructions
  • 越智正男:Anti-Superiority and More/Merge into the Edge
  • 北尾泰幸:Resumptive Pronouns and Movement Operation in Japanese Relative Clauses
  • 杉村美奈:Island-Sensitivity and Covert Phrasal Movement of D-linked Wh-phrases
  • 宮本陽一:A Note on the Timing of Q-Adjunction
  • 由本陽子:A Consideration on V+kakeru and (V)N-o+kakeru

 

  表象と文化?

  • 北村卓:宝塚歌劇におけるフランス・イメージの生成と変容-「ベルばら」への道程
  • 仙葉豊:神経衰弱を中心とした明治期精神医学年表
  • 津久井定雄:詩と鏡と写真と伝記-タルコフスキー父子の表象方法
  • А.Дыбовский:Метаморфоэы постсоветского кино:от соцреалиэма до постмодерниэма и обратно
  • Gerry Yokota:Requiem for Minamata
  • Takayuki Yokota-Murakami:Rejection in the Japanese Cultural Discourse:Hearn’s Ghost Story Reexamined
  • 池田淑子:1970年代の日本人の自画像-木下蓮三『メイド・イン・ジャパン』と『ジャポネーゼ』
  • 高馬京子:日本の新聞における日本人ファッションデザイナーの表象方法-前提、ステレオタイプ、引用
  • 佐野明子:「影絵映画」再考-戦前・戦中期を中心に
  • 常盤幸利:構築される犠牲者-行為遂行的暴力と「声」
  • 前田恵:戦争を語る映画への一考察-ドキュメンタリー感
  • 松並知子:「生きた心理学研究」についての考察-テキスト分析と実証研究の統合の試み

 

  詩的言語とメタファー

  • 高岡幸一:幻想上の動物とメタファー
  • 渡辺秀樹:幻想上の動物とメタファー(高岡幸一)コメント
  • Ichiro Koguchi:Romantic Metaphors for Creative Consciousness
  • 大森文子:吹き渡り天翔ける心の風-Ichiro Koguchi, “Romantic Metaphors for Creative Consciousness” に寄せて-
  • 渡辺秀樹:イヌ科の動物名の人間比喩の意味範囲と構造-共同研究 英語動物名のメタファー(3)-
  • 大森文子:犬の比喩義が映し出す人間の姿-渡辺秀樹「イヌ科の動物名の人間比喩の意味範囲と構造」に寄せて-
  • 大森文子:動物比喩に表れる獣性と人間性-共同研究 英語動物名のメタファー(4)-
  • 小口一郎:The Great Chain of Beingにおける人間-大森文子「動物比喩に表れる獣性と人間性」について
  • 歳岡冴香:「狐」・foxの比喩とその構造
  • 渡辺秀樹:「狐」・foxの比喩とその構造(歳岡冴香)コメント
  • 相場美紀子:六畜の成員にみる中国語の動物比喩
  • 高岡幸一:「六畜の成員にみる中国語の動物比喩」(相場美紀子)へのコメント
  • 竹田聖基:スポーツチーム名に用いられる動物の認知言語学的分析-動物とスポーツの概念化について
  • 小口一郎:メタファーによる認知の様式-竹田聖基「スポーツチーム名に用いられる動物の認知言語学的分析」を読む-
  • 渡辺秀樹:動物名のメタファー研究論文解題?(Fontecha&Catalán 2003)
  • 竹田聖基:動物名のメタファー研究論文解題?(Nilsen 1996)
  • 渡辺秀樹:動物名のメタファー研究論文解題?(Hsieh&Jucker)
  • 大森文子:動物名のメタファー研究論文解題?(Oswick&Montgomery 1999)

 

  自然言語への理論的アプローチ-意味編-

  • 岩田一成:日本語数量表現NのQC型に関する一考察
  • 境倫代:意図的移動様態動詞の使役用法について
  • 中道静香:現代アラビア語における第?形派生動詞-使役化・強意化・名詞の動詞化に関わる意味的制約について-
  • 林良彦:質問メッセージ記述される問題状況類型の構造化
  • 三藤博:イベント意味論に基づく日本語名詞句の意味の取り扱いについて
  • 山本大地:Excellent,ce café!型感嘆文における形容詞の使用条件について-Milner(1978)を参考に-

 

  ポストコロニアル・フォーメーションズ

  • 木村茂雄:ポストコロニアル・フォーメーションズ-序章に代えて-
  • 古東佐知子:クロード・マッケイとネグリチュード運動-ポストコロニアル研究の前階段として-
  • 加瀬佳代子:現代の非暴力主義の言説におけるサッティヤーグラハ運動の表象-非暴力主義の本質的問題の探究-
  • 伊勢芳夫:「反抗者」の肖像-表象のメカニズムの理論的スケッチ-
  • 村上八重子:母語の外へ出る旅-ドイツ語文学における外国人作家・「第三世代」と「エクソフォニー」-
  • 小杉世:Indigenous Language Education, Media and Literature:Postcolonial Formations in Aotearoa New Zealand

 

 「文化」の解読(6)-文化受容のダイナミクス-

  • 木村健治:ギリシアからローマへ:喜劇の場合
  • 金子元臣:「生」の言説と「文化」の言説-世紀転換期ドイツの「文化」言説の変化-
  • WAGATA Hiroyuki:Der hermeneutische Ansatz in der kritischen Sozialphilosophie von Habermas-Grundzüge einer Erkenntnistheorie als Gesellschaftstheorie-(Fortsetzung)
  • Oliver AUMANN Religion als Symbol-Anmerkung zu Lessings Religionsbegriff aus interreligiöser Perspektive Anhand seiner Schrift,, Die Erziehung des Menschengeschlechts“-
  • 一瀬陽子:「架空の天皇」と紀年論-史料の選択と信憑性をめぐって-
  • 安井章子:21世紀における世界へのまなざし-2005年日本国際博覧会へのいくつかの考察-
  • 以倉理恵:映画『トレインスポッティング』にみるスコットランドの表象と旅の構造
  • 渡邉紗代:文化的多様性がもたらすもの-ドイツでのLeitkultur論争を背景にした一考察-
  • 山本佳樹:ドイツ=トルコ映画の現在

TOPへ戻る

サイトマップ