トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

project2010

言語文化共同研究プロジェクト2010

電子化言語資料分析研究2010-2011

  • 田畑 智司: プロジェクトの目的と活動
  • 小林 雄一郎: 日本人学習者の英作文におけるメタ談話標識の発達
  • 岩根   久: Rを用いたテキストマイニング3―叙事詩と抒情詩の計量的差異―
  • 三宅 真紀: クラスター分析による文書分類の類似性を探る―English Woman’s Journal の計量分析に向けて―
  • 澁谷 竜昇: いわゆる“to-be 削除”のコーパス分析―大規模コーパスCOCAの分析を通じて―

ポストコロニアル・フォーメーションズ

  • 木村 茂雄: ポストコロニアル・フォーメーションズ2010―序にかえて―
  • 山田 雄三: 始めることの困難と展望―1970年代のモダニズム政治学―
  • 伊勢 芳夫: ミッシェル・フーコー再考と敷衍―文化研究の方法論について―
  • 中村 未樹: Endsを離れて―カウンシル・エステートとブラック・ブリティッシュ―
  • 村上 八重子: ラフィク・シャミと「移動のドイツ語文学」(1)―「外国人労働者の文学」時代―
  • 松本 ユキ: East Goes Westにおける東洋の西洋化―植民地主義と民族主義の間で―
  • Sachiko Koto: African-American Gangster Films and Literature: The Significance of Ghetto Representation
  • Sei Kosugi: Hauora Māori: Indigenous Language Education, Environment and the Production of Literature

自然言語への理論的アプローチ

  • 飯田 泰弘: Cluster Analysis and Cognate Objects in Hebrew
  • 石川 弓子: On the Adverbial Movement in Danish
  • 王   蓓淳: 複合動詞「重V」の語形成と意味解釈
  • 越智 正男: Some Asymmetries in Adnominal Quantification in Japanese
  • 高橋 奈穂子: On the Scope-interaction between Wh-phrases and Plural NPs in the Grammar of L1 Japanese Children
  • 玉木 晋太: 接続詞「と」と二重目的語構文について
  • 船越 健志: Object Drop in Japanese: Evidence for the VP-Ellipsis Analysis
  • 三藤   博: 条件文のカテゴリー区分について
  • 宮本 陽一: A Note on Temporal Ambiguity in English Clausal Adjuncts
  • 由本 陽子: 日英語におけるクオリア構造を利用した語形成

批判的社会言語学の領域

  • 山下   仁: 日本における言語使用の多様性と日本語の多言語化について
  • 植田 晃次: 「どづぞ」な多言語表示の現状―朝鮮語表示を例に―
  • ウー ワイ シェン: 言語サービスから見た常用漢字字体の日中比較―日本語能力試験の級別分析―
  • 柳田 亮吾: ポライトネス/ステレオタイプ/イデオロギー

コミュニケーションと文学

  • 森   祐司: 明治から昭和初期の新聞が伝える「野外遊び」― 20世紀前半の日本アウトドア事情―
  • 潘   英峰: 異文化コミュニケーションの視点からみた学校文化への適応―フィールドワークに基づく中国人ニューカマー生徒の事例を中心に―
  • 谷   智子: 冗談にみるポライトネスの操作 ―初対面からの継続的対面データをもとに―
  • 里内 克巳: 没後百年のマーク・トウェイン―評伝と自伝が明かす晩年の作家像―
  • 木原 善彦: 『アゲンスト・ザ・デイ』を読むために(その4)

新しい英語教育の方向性

  • 日野 信行: WE・EIL・ELF ―国際英語論における3種のパラダイムの比較―
  • 竹蓋 順子: ティーチング・アシスタント制度を活用した英語教育システムの構築の試み―大学英語教員の養成を視野に入れて―
  • 藤原 康弘: 日本語から英語への旧新借用語の形式的・意味的特徴の比較分析―オックスフォード系英語辞書、日本人英語使用者コーパスに焦点を当てて―
  • 家村 雅子: 非母語話者による英語文中の音調核の実現とその理解度分析―「国際英語」音声教育への示唆―

ドイツ啓蒙主義研究11

  • 中   直一: ドームによるケンペル『日本誌』の編集について(1)―総説及び第1巻の分析(その1)―
  • 福田   覚: ドイツ初期啓蒙主義の情動論をめぐって―ヴォルフ、ウンツァー、マイアーが示す学際的な振幅―
  • Sho Saito: Zu den Quellen der phonetischen Umschrift in Abel-Rémusats Élémens de la grammaire chinoise (1822)

文化とレトリック認識

文学テクストのレトリック
  • 渡辺 秀樹: シェイクスピアにおける賞賛と罵倒のレトリック:動物名人間比喩用法の対義・類義 の構造
  • 大森 文子: 堕天使の変容と感情:Paradise Lost におけるメタファーの構造性をめぐって
  • Gerry Yokota: Gender and the Rhetoric of Submission in Noh:With Special Emphasis on the Image of the Dragon
  • アンドリュー村上スミス: 文学翻訳のレトリック:原文のレトリック、訳文のレトリック
  • 尾崎 久男: To wring one’s handsについて:「手を揉む」あるいは「手を絞る」?
レトリックと文化の諸相
  • 渡辺 拓人: 20世紀アメリカ英語におけるbe about to の拡大について:「口語化」の観点から
  • 横山 香奈: 「日本人の血統」と「日本人としてのアイデンティティー」の相関性:ハワイのCherry Blossom Queen Contest を事例として
  • 李    明: 映画『シュウシュウの季節』における喪失のメタファー

言語における時空をめぐって

  • 井元 秀剛: 日本語における従属節内のテンスに関する一考察
  • 沖田 知子: 同音異義語から多様な意味の世界へ
  • 杉本 孝司: 形式意味論に関する幾つかの疑問―認知意味論の観点から―
  • 瀧田 恵巳: 空間的用法の条件について
  • 中西 充一: 英語における現在時制の意味―認識論的分析の妥当性―
  • 早瀬 尚子: 分詞派生前置詞・接続詞の発展と(間)主観性―consideringとmoving onを例に―
  • 春木 仁孝: フランス語の認知モードについて
  • 渡辺 伸治: 引用助詞「ト」と「ッテ」の機能と相違について

「文化」の解読(11)―文化とトポス―

  • SHCHEPETUNINA Marina: 空間と性別―記紀神話における「国」の支配者と男女権力関係を巡って―
  • Oliver AUMANN: Ansätze zu einer Phänomenologie heiliger Orte
  • 津田 保夫: 感情のメディアとしての文学―18世紀ドイツ文学における感情の公共性について―
  • 川喜田 敦子: 「過去」をめぐる自己他者イメージから考える戦後の日独関係―デア・シュピーゲルの例から―
  • 力武 京子: 多言語・多文化社会における外国語教育―自発的・自律的学習の原理について―
  • 山本 佳樹: 東ドイツ青年たちのアメリカ―映画『フレンドシップ!』とオスタルギーの行方―

音声言語の研究5

  • 伊藤 寛和: 英語学習者の名詞句におけるピッチ変化に関して
  • 上田   功: 「社会音声学」から見た静岡方言の強調動詞
  • 郡   史郎: 東京方言における広いフォーカスの音声的特徴―連続する2語にフォーカスがある場合—
  • 盧   明智: 韓国人日本語学習者の日本語語頭有声破裂音発音に関する研究
  • 韓   喜善: 韓国ソウル方言における語頭の平音・激音・濃音の弁別—後続母音の長さの影響について
  • Shinichiro Watanabe: Diphthongs and Diphthongization Revisited

表象と文化

  • А.ディボフスキー: 東西の名作映画を通してグローバル化を考える―グローバル化時代における言語と文化についてのゼミのための研究ノート
  • 金   想容: 現代台湾における日本ポピュラーカルチャーの再構築―台湾製「アイドルドラマ」の考察をめぐって
  • 北村   卓: 宝塚歌劇の海外公演をめぐって―宝塚歌劇海外公演年表 (1938〜2005)
  • Olivier Lorrillard: Enseigner la culture française par le prisme du cinéma en contexte japonais : une réflexion sur les représentations
  • Robert Ó’Móchain: Representations of Hegemonic Masculinities in Japanese Popular Culture
  • 杉本 麗華: 同人誌『友愛』における台湾「日本語人」の文化表象