トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

project2009

言語文化共同研究プロジェクト2009

電子化言語資料分析研究 2009–2010

  • 小 林 雄一郎: 多変量アプローチで見る英語学習者の接続表現
  • 岩 根   久: R を用いたテキストマイニング2―ソネの文字構成について―
  • 三 宅 真 紀: ネットワーク分析のための R パッケージの開発―テキストマイニングへの応用に向けて―
  • 田 畑 智 司: TF-IDF 値を通してみるテクストの特徴―文体論研究への応用可能性を探る(1) ―
  • Nozomi Miki: Correspondence analysis of SV/S-Aux pairings from the English editorials of Yomiuri, Asahi, Nikkei, and the British broadsheets

ポストコロニアル・フォーメーションズ

  • 山田雄三: 「1983年モダニズムの危機」を振り返る―サッチャー時代のマテリアリズム―
  • 稲垣健志: 人種関係協会における反人種主義運動の射程―国民戦線と「暴力」をめぐって―
  • 井内千紗: ブリュッセルにおけるポストコロニアルな場所の変容―マトンゲはリトルキンシャサなのか―
  • 村上八重子: 「絆」を崩したものは―チヌア・アチェベ Things Fall Apartにおける主人公の「移動」に関する一考察―
  • 小杉世: 先住民の知とグローバルな翻訳―Alexis WrightのCarpentariaにおけるアボリジニーの想像力とオーストラリアの再構築−
  • 伊勢芳夫: 「近代の超克」の逆行性―遅れた近代の悲劇―
  • 木村茂雄: 言語文化共同研究プロジェクトの10年―『英語文学の越境』の出版を記念して―

自然言語への理論的アプローチ

  • 飯田泰弘: Japanese Nani-o and Stage/Individual-level Asymmetry
  • 石川弓子: Word Order and the Floating Quantifier in Cebuano
  • 越智正男: Numeral Classifier and Noun Phrase Structure in Japanese
  • 境倫代: A Study on the Sense of Movement in Way Construction—The Cases of Manner and Incidental Activity Interpretations—
  • 玉木晋太: How Is the Split Control Construction derived in Japanese?
  • 西口純代: Own
  • 三藤博: 「「事実」を表すsi節」をめぐって—日仏語対照研究の観点から—
  • 宮本陽一・王蓓淳: A Note on Scope Rigidity in Chinese
  • 由本陽子: 身体部分を表す名詞を結合した日本語の[N+V]複合語について

批判的社会言語学の展望

  • 植田晃次: 韓国社会の多民族化・多言語化と単一民族・単一言語国家意識との相克−「帰化筆記試験」を例に−
  • 柳田亮吾: 敬語と分類闘争
  • ウーワイシェン: 大阪府内各地方自治体における「やさしい日本語」の取り組みについて―アンケート調査を通じてその現状をみる―
  • Hitoshi Yamashita: Literacy Mythos in Japan−seine soziale Funktion und die Realität−

アメリカ文化研究の可能性 VIII

  • 小木麻里子: もう一つのルーツ――バラク・オバマとアイルランド系移民――
  • 森祐司: 組織化する教育と保健――1910年代アメリカの“Open-Air School”と「野外」――
  • 里内克巳: バベルの塔の文学――英語教育と文学研究を繋ぐための試み――
  • 木原善彦: 『アゲンスト・ザ・デイ』を読むために(その3)

言語文化教育の新たなる理論と実践

  • 日野信行: EIL in Teaching Practice ― A Pedagogical Analysis of EIL Classrooms in Action ―
  • 竹蓋順子: リスニング教材としての高校検定教科書の英語とauthenticな英語の比較研究の試み
  • 照井雅子: コーパスを利用したESPアプローチによる医学系大学院生のための英語論文指導 ― ティーチング・アシスタントの参与観察に基づいて ―
  • 山岡華菜子: Co-learning of Students with and without Disabilities as Multicultural Education

ドイツ啓蒙主義研究10

  • 中直一: ビュッシング『週報』誌におけるケンペル『日本誌』出版報道(後編)
  • 福田覚: フロイトの神経失調論に見る啓蒙と情動−「「文化的」性道徳と現代の神経失調」を中心に−
  • 斉藤渉: 教育の公事化−フリードリヒ2世の文教政策についての覚書−

レトリックの文化と歴史性

  • 渡辺秀樹: 古英語英雄詩Beowulfの日本語訳10種の比較:原典のテーマ・繰り返し表現・比喩の訳出方法
  • 大森文子: シェイクスピアのソネットにおける愛と賞讃のメタファー―6つの翻訳をめぐって―
  • Gerry Yokota: Gender and the Rhetoric of Shame in Prewar English Translations of Noh
  • アンドリュー村上スミス: 日本文学作品の英訳で失われるもの、加えられるもの―登場人物の感情・人格を中心に―
  • 尾崎久男: フランス語動詞approcherが前置詞deを従える理由:類推および混淆の観点から見た一仮定
  • 渡辺拓人: Eliza Haywoodのbe about to の用法について
  • 井上加寿子: イヌの鳴き声を表す擬声語動詞の比喩性
  • 横山香奈: 日系カナダ人のアイデンティティー変容―メディアに表象される「対アメリカ意識」を中心に―
  • 松本ユキ: 『王様と私』における「ホーム」―フェミニズムと奴隷解放―

言語における時空をめぐって VIII

  • 伊藤創: 時間副詞「やっと」「ようやく」「ついに」「とうとう」について―各形式の意味の分化とつながり―
  • 井元秀剛: 「定/不定」をめぐる対照研究の方法
  • 岡あゆみ: スペイン語進行形の「一時性」
  • 瀧田恵巳: SteppenwolfにおけるOrigoの分析
  • 中西充一: “be-ing”構文と動詞の合成について―認知文法の観点からの分析―
  • 春木仁孝: 英仏両言語における売買動詞と中間構文―中間構文と再帰構文受動用法の成立要因の違いについて―

文化の解読(10)―文化と身体―

  • 木村健冶: 古代ローマの俳優と演技
  • Shchepetunina MARINA: 性別と<産む>身体の神話的表現―記紀神話における神の誕生および出産についての考察―
  • Oliver AUMANN: Offene Fragen zum Tempel Hōryū-ji und Shōtoku Taishi
  • 山本佳樹: 第三帝国におけるアメリカ―コメディ映画『幸運児』が描く夢の国―

ことばと反復5

  • 幸田 美沙: カーディフイングリッシュの強勢表現−IP区分の必要性について− 
  • 韓  喜善: 韓国語のオノマトペにおける強調形の韻律−ABAB反復型の4音節語を中心とした予備的考察−
  • Jonathan Clenton: Repeated Negotiation and the Acquisition of L2 Vocabulary
  • Hirona Matayoshi: Societal Bilingualism ― A Commentary on Ryukyuan Nursery Songs and The Process of Second Language Acquisition (Okinawan Language) Through Repetition
  • Shinichiro Watanabe: Two Categories of Diphthongs in Old English

アカデミック・ライティング研究掘歹本語非母語話者のライティングに関する分析−

  • 佐藤彰: 外国人留学生の剽窃に関する学習経験・知識・意識の研究
  • 村岡貴子: 日本語学習者のアカデミック・ライティング能力の獲得過程−学習者文章の分析とインタビューに基づくパイロット調査から−
  • 劉偉: 中国人日本語学習者の説明的文章における論理展開−論理的ライティング力の育成に向けて−
  • 戎谷梓: 企業でのEメール作成の際に必要な日本語−インド人ブリッジ人材による日本語Eメールの分析を通して−

表象と文化VII

  • А.ディボフスキー: 第2言語教育の手段としての映像メディア:ゼミのための研究ノート――旧ソ連・ロシアの3本の名作を焦点に
  • 金  想 容: 台湾における日本ポピュラー文化受容の変遷――アニメ、マンガ、オタクの考察を中心として
  • 北 村  卓: リトアニアにおける宝塚歌劇――「第3回ヨーロッパ公演」(1975)をめぐって
  • Robert Ó’Móchain: A Cultural Exploration of a Humorous Text: “Janet and John”