トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

project2008

言語文化共同研究プロジェクト2008

電子化言語資料分析研究

  • 田畑智司: Gentleman in Dickens—多変量アプローチで見る文体意匠としてのコロケーション―
  • 岩根 久: Rを用いたテキストマイニング1―文字出現頻度によるソネのマイニング―
  • 三宅真紀 : グラフクラスタリングに基づく福音書ソーシャルネットワークの構築
  • 後藤一章: BNCの言語使用域間におけるコロケーションの共通性と多様性
  • Nozomi Miki: Extraction of subjects and verbs from the British editorials—by parsing and the statistical method—

表象と文化VI

  • А.ディボフスキー: 映画表象に照らし出された異文化適応の諸問題――三つの名作を焦点に、ゼミのための研究ノート
  • Jason Christopher Jones: The Dahlia on Roosevelt Island――An Examination of the Use of Location in Dark Water
  • Yuki Matsumoto: Domestication of Foreign as US in The King and I
  • Robert Ó’Móchain: A Brief Review of Historical Influences on the Wordstock of the English Language
  • 杉本 麗華: 台湾における日本語短詩型文学――歌人・俳人の作品を資料として
  • Gerry Yokota: Floating Bridges, Drifting Boats:The Tale of Genji and Noh as Literature of Millenial Witness
  • Takayuki Yokota- Murakami: Domesticating the Uncanny, Enlightening the Bestial――On Features of the Gender Structure in Spy Fiction
  • 北村  卓: 芥川龍之介と村上春樹――『芥川龍之介短編集』の英語版と日本語版をめぐって

音声言語の研究4

  • 上田 功 : 言語聴覚士のための臨床音韻分析:言語学からみた基本的留意点
  • 郡 史郎 : 東京下町方言の会話資料におけるネの音調
  • 幸田美沙 : ウェルシュイングリッシュの強勢表現について―カーディフ出身者によるCardiffの発音を手がかりに―
  • 西山高子: 音節と文節音の時間長―強勢音節と無強勢音節の場合―
  • Jonathan Clenton: Does Learning Vocabulary Aloud Make Any Difference to Retention?
  • Hirona Matayoshi: Societal Bilingualism―The Power of Identity in Language and Sound
  • Shinichiro Watanabe: On the Syllable

自然言語への理論的アプローチ

  • 宮本陽一: A Speculative Note on the Structure of Half-Relatives
  • 越智正男: Feature Splitting Upon Internal/External Merge
  • 由本陽子: 語彙意味論における特質構造の役割について
  • 境倫代: A Study on the Augmentation of Event Structure Templates―The Case of Strong Resultative Construction―
  • 王蓓淳: 方向移動を表す中国語複合動詞―「V出」と「V掉」を対象に―

ポストコロニアル・フォーメーションズ

  • 木村茂雄: 「ポストコロニアル」の到着と出発―V. S.ナイポールの『到着の謎』をめぐって―
  • 村上八重子: 地平線の向こうにあったもの―Amma Darko『売られた夢』―
  • 依岡宏子: イーユン・リーの『千年の祈り』を読む―「文化大革命」から「六四天安門事件」への歴史・記憶・語り―
  • 小杉世: 現代ニュージーランド演劇をめぐって―南太平洋移民文化と先住民文化のはざまで―
  • 伊勢芳夫: 「信じる」ということの一考察―「自明」を生み出すメカニズム―

「文化」の解読(9)―文化とアイデンティティ―

  • Shchepetunina MARINA: 記紀神話における女神および男神のイメージについて―農耕の起源に関するエピソードを中心として―
  • Oliver AUMANN: Die Invented Identity des Shōtoku Taishi―Zu den Thesen und Argumenten von Ōyama Seiichi―
  • 津田保夫: シラーの頭蓋骨―その真贋論争の顛末とDNA鑑定結果が残した新たな問題―
  • 金子元臣: 「生」の言説と初期トーマス・マン

言語の歴史的変化と認知の枠組み

第吃堯.瓮織侫 爾諒兪
  • 渡辺秀樹: 名詞 cat を含む諺・成句・イディオムと人間比喩義の構造共同研究 英語動物名メタファー研究 (10)
  • 大森文子: イディオムと詩的表現に見られる動物を媒体とした感情メタファー共同研究 英語動物名のメタファー(11)
  • Kazuko Inoue: Metaphorical and Metonymical Features of Sound-Emission Verbs with Direct Speech Complements in English
  • 花井晶子: イギリス紙『タイムズ』に見る日本人表象の変遷―1965年、1975年、1985年の日本特集の比較から―
第局堯.ぅ妊オムの変遷
  • 尾崎久男: 仏・英語間の「なぞり」(Calques) に関する一考察:l'approche de l'ennemi は of the enemy か to the enemy か?
  • 渡辺拓人: Be about toの文法化とgo about toの衰退について

ドイツ啓蒙主義研究9

  • Sho Saito: Logik als „Vernunftlehre“―Reimarus, Engel und W. v. Humboldt―
  • 福田覚: 情動論から捉え返した詩学史記述の可能性―初期啓蒙主義の「修辞学的」側面のその後を追うために―
  • 中直一: ビュッシング『週報』誌におけるケンペル『日本誌』出版報道(前編)

言語における時空をめぐってVII

  • 伊藤創: アスペクトを表す後項動詞の自他について
  • 井元秀剛: 「た」の過去性と過去の意味
  • 沖田知子: 英語進行形の反復と習慣をめぐって
  • 瀧田恵巳: 照応の定義を巡って
  • 春木仁孝: 事態の主観的把握の方策としての時制

批判的社会言語学の実践

  • 植田晃次: 韓国社会の多民族化・多言語化と単一民族・単一言語国家意識との相克―「帰化筆記試験」を例に―
  • 柳田亮吾: 敬語と分類闘争
  • ウー ワイ シェン: 大阪府内各地方自治体における「やさしい日本語」の取り組みについて―アンケート調査を通じてその現状をみる―
  • Hitoshi Yamashita: Literacy Mythos in Japan―seine soziale Funktion und die Realität―

英語教育の新しい理論と実践

  • 日野信行: WE in the Expanding Circle Need our own Models too!―Quest for equality in World Englishes―
  • 竹蓋順子: 英語リスニングWeb教材作成支援システムの開発とその試用
  • 松本敬子: 幼稚園における言語学習環境の一考察―A幼稚園における観察事例より―
  • 照井雅子: 大学教育へのESP導入の課題―企業の技術系社員を対象としたEOPの質的なニーズ分析からの考察―

アメリカ文化研究の可能性VII

  • 里内克巳: 同化・言語・ジェンダー―Abraham Cahan, Yeklの冒頭部を読む―
  • 山下弥生: The Black Religious Leaders’ Power of Self-Learning and Adaptation: What the Quaker Abolitionist Anthony Benezet Showed to Richard Allen
  • 小木麻里子: 映画のなかの手紙―アメリカからアイルランドへ― 
  • 木原善彦: 『アゲンスト・ザ・デイ』を読むために(II)