トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

project2001

言語文化共同研究プロジェクト2001

--------------------------------------------------------------------------------

  • 『外国語教授法としての “Méthode Immédiate“』 (Louis Benoît ・ Jean-Luc Azra ・ Bruno Vannieuwenhuyse ・ Bertlinde Vögel ・ Jeremy Jones ・ 山下仁)

Louis Benoît and Jean-Luc Azra : Qu’est-ce que la Méthode Immédiate ?
Bruno Vannieuwenhuyse : Travailler avec les styles culturels des apprenants
Bertlinde Vögel : Tipps für die ersten Unterrichtsstunden nach der “Méthode Immédiate“
山下 仁 : 学生参加型授業としての“Méthode Immédiate“
Jeremy Jones and Bruno Vannieuwenhuyse : How much learner autonomy can we expect in Japanese classes?

  • 『異文化理解教育としての外国語授業』 (Torsten Schlak ・ 岩居弘樹 ・ 末弘美樹 ・ 我田広之)

Torsten SCHLAK : Forschungsprojekt Motivation und DaF ― Unterricht: Die Erasmus-Daten ―
岩居弘樹 : ビデオを活用したドイツ語授業 ― コミュニケーション訓練とビデオ撮影 ―
末弘美樹 : なぜ、日本人は留学したがるのか? ― 現代日本人青年女子にとっての「留学」の意味についての一考察 ―
我田広之 : 異文化理解教育の原理

  • 『異文化理解教育の国際比較 ― 多元的社会における共生に向けて ― 』(W.P.Karkavelas ・ 中直一 ・ 日野信行 ・ 東川直樹 ・ 梅本仁美 ・ 北畠健次)

W. P. Karkavelas : The Politics of Language ― A Comparative Study of Indigenous Language          Immersion Programs ―
中 直一 : 欧文の「素読」について ― 草創期外国語学習のひとつの特質 ―
日野信行 : ハワイの小学校における有ハンデ児の分離 ― 多様性をうたう社会の閉鎖的一面 ―
東川直樹:教室の多様化に対応する異言語教育のあり方をめぐって ― 日本の中等教育における英語教育を中心に ―
梅本仁美 : 海外の日本人学校における異文化理解教育の現状 ― ドイツの日本人学校の事例を中心に ―
北畠健次 : Nga Kaimanako I Te Reo Maori ― Education of Indigenous Linguisticulture in New Zealand ―

  • 『カルチュラル ・スタディーズの理論と実践 II ― ポストコロニアルとグローバリゼーション ― 』(木村茂雄 ・ 松木園久子 ・ 菅原慶乃 ・ 小杉世 ・ 里内克巳 ・ 伊勢芳夫 ・ 加瀬佳代子 ・ 竹山直子 ・ 小池隆太 ・ 森祐司)

木村茂雄 : ポストコロニアル,グローバル,ラシュディー
松木園久子 : インドの英語小説における「村」 ― Raja Rao,M. R. Anand,R. K.Narayanの作品から ―
菅原慶乃 : 現代中国映画批評の<ポストコロニアリズム> ― 現代化とグローバリゼーションの間で ―
小杉 世 : 消された歴史,語り得ぬ過去 ― オーストラリアにおけるアボリジニーの自己表象 ―
里内克巳 : 「人種」のメロドラマ ― フランシス・E・W・ハーパー『アイオラ・リロイ』におけるロマンスと政治 ―
伊勢芳夫 : 日本文学における認識の境界
加瀬佳代子 : 田口卯吉「鉄道論」の考察
竹山直子 : 英語関連産業と美容産業の広告の共通点について
小池隆太 : 権力としての大学から批判的学校へ
森 祐司 : グローバリゼーションと言語文化教育

  • 『ドイツ啓蒙主義研究2』 (斉藤渉 ・ 津田保夫 ・ 福田覚 ・ 中直一)

斉藤 渉 : 「フリードリヒの世紀」と自由 ― カント『啓蒙とは何か』とプロイセン一般ラント法 ― (前編)
津田保夫 : ドイツ啓蒙主義における「人間の使命」の問題 ― シュパルディングの『人間の使命』とその影響 ―
福田 覚 : クリスティアン・ヴォルフの心理学における「想像力」
中 直一 : 社交術と「啓蒙」 ― クニッゲ『人間交際術』にみられる処世と啓蒙の関係 ―

  • 『「文化」の解読(2) ― 「文化空間」の政治学 ― 』(水野博子 ・ 井上薫 ・ 横山香 ・ 山本佳樹 ・ 我田広之 ・ 金子元臣)

水野博子 : 「聖戦」の記憶 ― 「記憶の場」としての靖国神社を中心に ―
井上 薫 : 「女体美」の変換 ― 20世紀初頭ドイツから租界・上海へ ―
横山 香 : ドイツにおける多文化状況と日本におけるドイツ文化研究
山本佳樹 : 統制と娯楽のあいだ ― ナチ時代のドイツ映画 ―
我田広之 : 近代ドイツにおける売春の社会史 ― ヨアヒム・シュレーア『大都会の夜』を読む ―
金子元臣 : トーマス・マンにおける文化と政治 ― ヴィルヘルム帝政時代と「文化保守主義」 ―

  • 『映像と文化 II 』 (仙葉豊 ・ 春木仁孝 ・ 池田淑子 ・ 菅原慶乃)

春木仁孝 : 『花様年華』スケッチ
仙葉 豊 : 『危険な情事』における日本的な要素
池田淑子 : 1920−1930年代の日本映画におけるモガの表象とその意義
菅原慶乃 : 中国新時期<映画芸術>に見る<女性>像 ― 中国フェミニズム映画批評を中心として ―

  • 『現代社会における消費文化の構造と生成』(北村卓 ・ 許均瑞 ・ 石丸久美子 ・ 竹山直子 ・ 仙葉豊 ・ ヨコタ村上孝之 ・ 大村敬一)

北村 卓 : 物語消費の時代における「詩的なるもの」のありかをめぐって
許 均瑞 : 台湾におけるベストセラーランキングの言説について
石丸久美子 : フランスにおける女性とメディア ― 出版物広告における女性表現の分析を中心に ―
竹山直子 : 英会話産業の広告にまつわるイデオロギーについて
仙葉 豊 : 『市民ケーン』における蕩尽的消費
ヨコタ村上孝之 : 不条理マンガの涙
大村敬一 : イヌイト・アートのパラドクス ― エスニック・イメージの虚実 ―

  • 『ことばと反復』(今井光規 ・ 遠藤裕昭 ・ 小杉世 ・ 森祐司 ・ 籔内智 ・ 渡部眞一郎 )

今井光規 : 中世英国韻文ロマンスにおける反復 1
遠藤裕昭 : 第2強勢消失と強弱反復構造の単純化 ― 中英語・初期近代英語に見る脚韻の証拠 ―
小杉 世 : 反復の力学 ― ふたつの戯曲における転覆と抵抗 ―
森 祐司 : 異常な繰り返しと常なるコミュニケーション ― 談話分析の可能性 ―
籔内 智 : Binomial表現の音韻構造を探る
渡部眞一郎 : 押韻俗語 ― 反復要素の脚韻による修辞法 ―

  • 『言語における主観性をめぐって』(井元秀剛 ・ 沖田知子 ・ 瀧田恵巳 ・ 春木仁孝 ・ 渡辺伸治)

井元秀剛 : 主観的用法とされる定冠詞について
沖田知子 : アスペクトと主観性 ― 英語進行形の意味をめぐって ―
瀧田恵巳 : 日本語指示詞コソアの二体系分類への試み
春木仁孝 : フランス語の複合過去 ― 発話時との関係の類型化に向けて ―
渡辺伸治 : 時制から見たヨウダの用法

  • 『自然言語への理論的アプローチ』(越智正男 ・ 北尾泰幸 ・ 田中研也 ・ 宮本陽一 ・ 村井純子 ・ 山本純平 ・ 由本陽子 ・ 今泉志奈子)

越智正男 : Secondary Adjunct Wh-phrases
北尾泰幸 : PF Theory of EPP and Japanese Relative Clauses
田中研也 : 日本語の等位構造について
宮本陽一 : A Note on Elided VPs
村井純子 : Two Puzzles in Madurese Reciprocals
山本純平 : Choice Functions, Cyclic Spellout, and Late Insertion: Evidence from Anti-Superiority in Japanese
由本陽子・今泉志奈子 : 「V+尽くす」複合語について ― 統語的か、語彙的か ―

  • 『自然言語への理論的アプローチ(意味編)』(岩男考哲 ・ 緒方典裕 ・ 河本雅一 ・ 木村まきみ ・ 三藤博)

岩男考哲 : 日本語の文末表現「ッテ」をめぐって
緒方典裕 : Dynamic Semantics of Plurals
河本雅一 : 条件的接続詞における指示詞の役割 ― 「それでも」と「でも」を中心に ―
木村まきみ : 借用語の意味と使用されるコンテクストについて
三藤 博 : イベント閉包から見た日本語の「ル」形の意味機能

  • 『電子化言語資料分析の方法論』(田畑智司 ・ 岩根久 ・ 緒方典裕)

岩根 久 : フランス詩脚韻資料作成のテクニック
緒方典裕 : ダイナミック・セマンティクス,XMLプログラミング,情報抽出
田畑智司 : 英語文体論研究のための言語処理技術 ― Corpus Processing for Stylistic Analysis of Texts ―

  • 『英語文体論の方法と射程』(渡辺秀樹 ・ 沖田知子 ・ 大森文子 ・ 田畑智司 ・ 小塚良孝 ・ 竹田聖基)

渡辺秀樹 : 最近20年間に現れた古英語文体論フォーミュラ関係の主要論文要約
渡辺秀樹 : red gold 考
小塚良孝 : 古英語語彙文体論主要研究要約
小塚良孝 : 文体分析による著者像の考察
大森文子 : Ullmann の共感覚比喩研究について
渡辺秀樹 : 英語感覚形容詞の意味転移研究について
大森文子 : 知覚・認知関連語彙の意味拡張に関する三研究を読む
大森文子 : 参照点のダイナミクス
竹田聖基 : スポーツジャーナリズムのレトリック
沖田知子・竹田聖基 : 言語学的文体論の展開
竹田聖基 : 文学におけるメタファー研究の可能性
田畑智司 : Corpus-Based Stylistics ― MF/MD法による文体比較 ―

  • 『異言語・異文化教育におけるマルチメディア教育の可能性-フランス語教育の現場から-』(岩根久 ・ 春木仁孝 ・ 金崎春幸 ・ 北村卓 ・ ブリュノ・バニュウヴェンヌィズ ・ 堀井祐介 ・ 竹山直子 ・ 小池隆太 ・ 狩野まりこ ・ 原田千晶 ・ 石丸久美子 ・ 高馬京子)

岩根 久 : まえがき
北村 卓 : CALLシステムとフランス語教育−新たな教授法の開拓に向けて−
堀井祐介 : 大阪大学CALLシステムについて
岩根 久 : CALL授業における電子教材"TeLL me More"の活用法
春木仁孝 : フランス語教育における映画という素材
ブリュノ・バニュウヴェンヌィズ : 異文化コミュニケーション教育におけるインターネット・フォーラムの可能性 ― 方法と展望 ―
竹山直子・小池隆太 : 学生による学習ソフトの評価とコンピュータ・リテラシーとの相関性について ― 受講学生のアンケート分析の結果から ―
狩野まりこ・原田千晶 : CALL教室におけるTA の役割に関する考察 ― 学生、教官、TAのアンケートより ―
石丸久美子・高馬京子 : 学生の視点から見たマルチメディア型語学教育 ― 受講学生のアンケート分析の結果から ―
金崎春幸 : あとがき