コミュニケーションテクスト分析―フランス学派による言説分析への招待 ドミニク・マングノー著 石丸久美子+高馬京子訳(修了生)

投稿日: 2018年12月5日

紹介文:ソルボンヌ大学言語学教授によるベストセラー書籍の翻訳。本書では、広告、雑誌・新聞などメディアのテクストに焦点をあて、記号学的分析から一歩進んだ最新のフランスの言説分析の方法論を全21章で紹介。テクストの言説分析をより論理的に実践するための方法論とその事例研究が満載された、フランス言語学を専門にする学生、研究者のみならず、メディア研究に携わる研究者等幅広い読者を対象とする、学際的分野としてのメディア言説分析方法論の手引書である。

著者:ドミニク・マングノー
訳者:石丸久美子+高馬京子
タイトル:『コミュニケーションテクスト分析―フランス学派による言説分析への招待』
出版社:ひつじ書房
出版年月日:2018年10月29日

TOPへ戻る

サイトマップ