言語文化研究 第26号 (2000) 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • BANDO, Michiko  Some Observations on the Relationship between Case Marking and Aspects

 

  • BENOIT, Louis  L’AUTORITE DE L’AUTEUR Etude des prologues des romans de Chrétien de Troyes

 

  • DYBOVSKI, Alexandre  О киносериале «Мужчине трудно», его герое и некоторых этнокультурных особенностях японцев

 

  • HARVEY, Paul A.S.  More Cakes and Ale: Sir Toby Belch in Twelfth Night

 

  • OSAKI, Hisao  The Influence of Latin on the Development of the Cognate Object in Old English

 

  • TAKAGI, Sachiko  Discourse Strategies of the Two Interviewers in a Japanese TV Talk Show

 

  • TSUDA, Aoi  Cross-cultural Register Variation: A Case of Institutional Talk

 

  • 原田裕司  前野良沢『西洋画賛訳文稿』のラテン語原典

 

  • 春木仁孝  現代フランス語の大過去とテンス・アスペクト

 

  • 伊勢芳夫  Kiplingの東洋理解 ―Kim とチベット仏教について

 

  • 岩根 久  E.-L.-N.ヴィオレ=ル=デュック著作目録註解

 

  • 金崎春幸  『聖アントワーヌの誘惑』におけるアドニス神話

 

  • 小門典夫  涼山イ語のムード助詞su33の機能

 

  • 宮西久美子  中華人民共和国の言語政策における「普通話」の位置付け

 

  • 森 祐司  ルールづくりとアウトドア ―生き方の問題としての野外学習

 

  • 中埜芳之  ドイツ人の日本発見とかれらがみた江戸期の日本(下)

 

  • 沖田知子  英語と日本語の言葉遊び ―アリスの詩から―

 

  • 大森文子  連想と情緒的意味―蕉風連句をめぐって―

 

  • 高岡幸一  アリオストの詩的言語(1)―Circumlocutio orientis dieiについて―

 

  • 植田晃次  1990年代中国の朝鮮語規範化と語彙規範の問題点

 

  • 渡辺秀樹  The Oxford English Dictionary に見られる古英詩からの引用 年代表記・作品名の不統一,見出し語のステイタス,現代語訳・研究書からの引用

 

  • 定年退官山本実教授の略歴ならびに研究業績一覧

TOPへ戻る

サイトマップ