言語文化研究 第18号 (1992) 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • 服部典之  語り手H. F.の積極的敗北主義 —A Journal of the Plague Year の語りを考える—

 

  • 宮川清司  ワーズワスの「マイクル」と土地のイデオロギー

 

  • 森 祐司  修辞としての「償い」 —詩人エマソンの語り口—

 

  • 大森文子  言葉の意味の諸側面 —メタフォリカルな言語使用をめぐって—

 

  • Edward COSTIGAN  Elements of Narrative in Some Plays by Shakespeare

 

  • 原田裕司  文学としての書翰 —キケロー,ルプス,結城ディオゴの三書翰の例—

 

  • 溝邊敬一  抒情詩における大都市 —ゲオルク・ハイムの場合—

 

  • 中埜芳之  G. ケラーとドイツ教養小説 —『緑のハインリヒ』再考—

 

  • 田中美英子  フォンターネの »Unwiederbringlich« —言語批判と社会批判—

 

  • 吉田正勝  18世紀のドイツにおけるテオクリトス

 

  • Christoph LEITGEB  Musils „Fischer“, Bunraku und „Interkulturelle Germanistik“

 

  • Keiji AKAI und Manfred B. SELLNER  Überlegungen zum indirekt-höflichen Soziativ im Japanischen und Deutschen: Eine Einführung

 

  • Shinji WATANABE  Zur Argumentstruktur der deutschen deverbalen Nomina —Im Fall der Ereignisnominalisierung—

 

  • 金崎春幸  『聖アントワーヌの誘惑』の空間構造 (2)

 

  • 北村 卓  谷崎潤一郎とボードレール —谷崎訳「ボードレール散文詩集」をめぐって—

 

  • 高岡幸一  ウェルギリウスの『アエネイス』におけるextradiégétiqueな諸要素 —叙事詩的文体における主観性の問題—

 

  • 春木仁孝  時制・アスペクト・モダリティー —フランス語の半過去の場合—

 

  • 津久井定雄  キリスト教終末論とドストエフスキー —その1. 終末論のロシア—

 

  • 三木邦弘  文要約の数量的性質

TOPへ戻る

サイトマップ