言語文化研究 第11号 (1985) 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • 木村茂雄  コンラッド「闇の奥」試論

 

  • 宮川清司  ワーズワスの“Prospectus”試論

 

  • 影山太郎  語形成に関する雑ノート

 

  • 齊藤俊雄  17-18世紀の英語散文の統語法と文体 —Sir Thomas Browne, John DrydenおよびJoseph Addisonの比較研究—

 

  • 野村恵造  Tense and Modality: Futurity and Prediction in Will

 

  • 赤井慧爾  ドイツ中世文学の研究と教育についての覚え書き —適時的・共時的検討の試み—

 

  • 山本 実  革命時代 (3) 時代批判者としてのブルクハルトとニーチェ (3)

 

  • 中山恒夫  ウェルギリウスの『詩選』第一歌 —その三 (46-83)—

 

  • 高岡幸一  La teichoskopia dans la Bhagavadgītā et dans la tradition épique occidentale

 

  • 春木仁孝  Ordre des mots comme réalisation de la structure communicative

 

  • 近江和生  UCPO (Universal Concordance Program, Osaka) の使用法と機能

 

  • 津久井定雄  Эпос и лирика в поэме Пушкина “Цыганы”

TOPへ戻る

サイトマップ