トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

H22年度のお知らせ

ホーム会則委員年間日程『言語文化学』言語社会学会HPへ言文HPへ戻る




H22年度 大阪大学言語文化学会からのお知らせ

2010年度 大阪大学 言語社会学会・言語文化学会 合同研究発表会 (言語文化学会第38回大会)プログラムのご案内

 秋涼の候、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、大阪大学言語文化学会のために、ご協力をいただきありがとうございます。
 さて、言語社会専攻を拠点とする言語社会学会との合同研究発表会を兼ねて、言語文化学会第38回大会を下記の要領で開催いたしますので、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

 大会終了後に懇親会を行います。皆様の御参加をお待ちしております。
 懇親会費は教員・修了生が3000円、院生・発表者が1000円となっております(懇親会費は当日お支払い下さい)。

発表要旨→2010発表要旨.pdf(911)

大会プログラムPDF版→2010大会プログラム.pdf(1003)

日時:2010年10月28日(木) 15:20より

  • 会場 :大阪大学大学院言語文化研究科 旧棟1階大会議室・新棟2階大会議室・新棟3会講義室

開会の辞:言語文化学会会長(言語文化研究科長) 15:20-15:30

研究発表  15:30-17:40

  • 第1室:言語文化研究科旧棟1階大会議室

1. 朝鮮統治期(1910−1945)日本の女性誌に描かれた植民地朝鮮の表象 
 16:00 - 16:30   発表者:櫻木 一紀(言語文化専攻博士後期課程)           司会:小杉 世

2.日本人と「残酷」―イギリス『タイムズ』紙の日本関連報道から―
 16:40 - 17:10   発表者:花井 晶子(言語文化専攻博士後期課程)            司会:小杉 世

3.変革急務!日本の学校の英語教育――帰国生の視点から
 17:10 - 17:40   発表者:五歩一 寿子・岡田 政士(大阪大学外国語学部非常勤講師・T&M教育センター)   
                                                      司会:上田 功

  • 第2室:言語文化研究科新棟2階大会議室

1. 台湾における日本語借用語アクセントの変化:台湾語の声調との比較
 15:30 - 16:00   発表者:田中 研也(言語文化専攻修了生)                司会:杉村 博文

2. ロシア語動詞の新しい分類法――学習者の視点に立って――
 16:00 - 16:30   発表者:菅谷 広子(言語社会専攻博士後期課程)            司会:上原 順一

3. 背景の異なる日本語話者の初対面会話における参加者間の関係性―2つの会話データの比較からみえてくるもの― 
 16:40 - 17:10   発表者:中原 京子(言語文化専攻博士後期課程)            司会:森 祐司

4. ABOVEとOVERが表す上方義の解釈に関する一考察―英語空間辞の習得の観点から― 
 17:10 - 17:40   発表者:大嶋 ルリ子(言語文化専攻博士後期課程)           司会:森 祐司

  • 第3室:言語文化研究科新棟3階講義室

1. Paul AusterのMan in the Darkにみる家族の肖像
 15:30 - 16:00   発表者:江藤 知美(言語社会専攻博士前期課程)            司会:畑田 美緒

2. Maria Irene Fornes, Mudのなかの「病」
 16:00 - 16:30   発表者:森  晴菜(言語社会専攻博士後期課程)             司会:中村 未樹

3. キャバレー劇場「歪んだ鏡」におけるニコライ・エヴレイノフの上演活動について 
 16:40 - 17:10   発表者:篠崎 直也(言語社会専攻博士後期課程)            司会:中村未樹

4. アーティストによる環境と共生する建築は実現可能なのか―フンデルトヴァッサーと安藤忠雄の建築作品の比較を通じて 
 17:10 - 17:40   発表者:野口 司(神戸市外国語大学外国語学研究科)         司会:進藤 修一

閉会の辞:言語社会学会代表理事(言語社会専攻長) 17:40-17:50

懇親会  18:00 - 20:00 「福利センター4階 食堂」


お問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


言語文化学会第38回大会の発表申し込み期限を延長しました

研究発表の申し込みを締め切らせて頂きました。多数のご応募ありがとうございました。

  • この大会における研究発表を希望される方は、下記の申込書式をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、9月27日(月)の午後5時までに、電子メールで添付ファイルにて下記アドレス宛にお送り下さい。なお、期限以降の受け付けはいたしません。

申込書式→言語文化学会第38回大会発表申込票.xls(415)

※言語社会学会の会員様が研究発表を希望される場合は、言語社会学会事務局へお申込み下さいますようお願い致します。


応募申込・問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


言語文化学会第38回大会の発表申し込みについて

  • 大阪大学言語文化学会第38回大会は2010年10月28日(木)に開催の予定です。この大会は本年度も、言語社会学会との共同開催の形で行われる予定です。
  • この大会における研究発表を希望される方は、下記の申込書式をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、9月22日(水)の午後5時までに、電子メールで添付ファイルにて下記アドレス宛にお送り下さい。なお、期限以降の受け付けはいたしません。

申込書式→言語文化学会第38回大会発表申込票.xls(415)


応募申込・問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


『大阪大学言語文化学』Vol.20原稿募集について

投稿の募集を締め切りました。多数のご応募有難うございました。

  • 大阪大学言語文化学会では『大阪大学言語文化学』Vol.20の原稿を募集いたします。投稿を希望される方は、下記の申込書式をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、2010年7月16日(金)午後5時までに、電子メールで添付ファイルにて下記アドレス宛にお送り下さい。
  • 期限以降の受付は致しません。申込用紙の提出後2〜3日経っても事務局から受領通知が届かないときは、早急にご連絡下さい。
  • 博士前期課程の方が投稿する場合、投稿内容が修士論文と重複して修士論文提出に支障が出ることのないように、指導教員とよく話し合って下さい。
  • 『言語文化学』Vol.19のpp.150-155に執筆要項が掲載されておりますので、この規定に従って執筆して下さい。
  • 原稿の提出締め切りは、9月22日(水)午後5時必着です。

申込書式→『大阪大学言語文化学』 vol.20投稿応募票.xls(411)


応募申込・問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


大阪大学言語文化学会第37回大会プログラムのご案内

 青葉若葉のみぎり、皆様方におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、大阪大学言語文化学会のために、ご協力をいただきありがとうございます。
 さて、大阪大学言語文化学会第37回大会を下記の要領で開催いたします。ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

 大会終了後に懇親会を行います。今回は、言語文化研究科同窓会共催のため、同窓会総会の終了後に開始致します。皆様の御参加をお待ちしております。
 懇親会費は教員・修了生が3000円、院生・発表者が1000円となっております(懇親会費は当日お支払い下さい)。

大会プログラムPDF版

日時:2010年6月26日(土) 14:00より

  • 会場 :大阪大学大学院言語文化研究科新棟2階 大会議室

開会の辞:言語文化学会会長(大学院言語文化研究科長) 14:00-14:10

研究発表  14:20-16:30

1. 朴泰遠の植民地期文学作品に登場する「朴泰遠の妻」についての考察
  14:20 - 14:50   発表者:伊藤 啓(博士前期課程2年)     司会:小口 一郎

2. 日本語学習者の動機付けに関する研究 ―日系アメリカ人大学生のライフストーリーを中心に―
  14:50 - 15:20   発表者:中橋 真穂(博士後期課程1年)   司会:難波 康治

3. 関西の公立中学校を生きる中国系ニューカマー生徒について ―学校文化への適応に着目する―
  15:30 - 16:00   発表者:藩 英峰(博士後期課程1年)     司会:西村 謙一

4."be-ing" 構文のメタファー的拡張
  16:00 - 16:30   発表者:中西 充一(博士後期課程2年)   司会:杉本 孝司  

言語文化学会総会 16:40-17:20

(17:20-17:50 言語文化研究科同窓会総会)

  • 会場 :大阪大学大学院言語文化研究科新棟2階 大会議室

懇親会  18:00 - 20:00 「福利センター3階 食堂」


お問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


第37回大会の発表申し込みについて

  • 大阪大学言語文化学会第37回大会は下記の日時・場所にて開催の予定です。
    • 平成22年6月26日(土)13:00〜(開始時刻は変更する可能性があります)
    • 言語文化研究科(豊中キャンパス)
  • この大会における研究発表を希望される方は下記の申込書式をダウンロードし、必要事項をご記入の上、5月24日(月)の午後5時までにメールの添付ファイルで大阪大学言語文化学会事務局宛(下記アドレス)にお送り下さい。なお発表時間は、発表20分、質疑応答10分の計30分です。期限以降の受け付けはいたしませんのでご注意下さい。。

申込書式→言語文化学会第37回大会発表申込票.xls(406)


応募申込・問い合わせ:
〒560-0043豊中市待兼山町1-8 大阪大学大学院言語文化研究科気付
大阪大学言語文化学会事務局(言語文化研究科助教室)

 tel: 06-6850-5957  fax:06-6850-5865


以前のお知らせ