Graduate Programme for Advanced Interdisciplinary Studies

Graduate Minor Programme/Graduate Programme for Advanced Interdisciplinary Studies

本プログラムについて(学際融合教育研究センターのページ)

Graduate Programmes for Advanced Interdisciplinary Studies (Language and Culture)

Digital Humanities: Methods and Praxis

プログラム実施組織

言語文化研究科 言語文化専攻

修了要件単位数

8 単位以上

受講対象者

修士・博士

標準履修期間

1年

対象者制限の有無

受講資格・条件

無し

プログラム概要

Project GutenbergやGoogle Booksに代表される大規模なテクストアーカイブの出現、Web 2.0の登場を契機に指数関数的に増加するWebページ、各種電子コーパスの整備・普及、さらにユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えた高機能コンコーダンサーの開発は、言語研究はもちろん、人文学研究一般にも新たな次元をもたらしつつある。デジタル化されたテクストの利点はなによりもノンリニアな分析処理を可能にすることである。デジタルテクストは単なる文字列、単語の集合体ではなく、時にはベクトルや数値行列に変換され、統計解析を施すことにより、従来のリニアなアプローチでは不可能なパターンや現象を視覚化することを可能にする。こうしたデジタルヒューマニティーズの取り組み、方法論と実践を通して人文学データを新たな角度から読みなおすことが当プログラムの目指すところである。

教育目標

当プログラムは、提供するコースワークを通して、デジタル化した人文学的データを的確に処理し、ニーズに合致した情報の鉱脈を掘り当て活用する高度な「デジタルヒューマニティーズ・リテラシー」を修得することを目標とする。

カリキュラムの特色

当プログラムは、自然言語処理のモジュールとコーパスマイニング、統計数理解析に関するモジュールによって構成されている。それぞれのモジュールで基礎理論と応用実践の方法論を有機的に組み合わせて教授する。自然言語処理では言語データを取り扱うためのプログラミングや、処理ツールを駆使する技法を習得する。コーパスマイニングに関しては、コーパスデザインに関する理論や、人文学資料の電子化・構造化に関する基礎論からテクスト電子化のため国際共通規格であるTEI (Text Encoding Initiative:)などについて学ぶ。さらに,データ解析のための統計数理モデルに関する講義を行うとともに、実践的なコーパス分析から解析結果の視覚化(Visualization)技術を応用し、いわゆる ‘Distant Reading’ (Franco Moretti, 2013)の演習を行う。

自然言語処理A・Bから2単位以上及びコーパス言語学研究A・Bから2単位以上を取得すること。専攻の修了に必要な単位との重複は認めますが、専攻修了単位以外に最低4単位は、当該高度副プログラムの単位として修得する必要があります。

特記事項

プログラムに該当する授業の内容は、KOANのシラバスと各授業の第1回目の授業にガイダンスがありますので、それを参考にしてください。

問い合わせ先
言語文化研究科・外国語学部 豊中事務室 大学院係
TEL 06(6850)5856
電子メールアドレス genbun-daigakuin@office.osaka-u.ac.jp

なお、該当授業と講師、その第一回目の授業日・場所( )の予定は以下のとおりです。

該当授業 講師 曜日・時限 第一回目の授業日 場所
コーパス言語学研究A 岩根 久 水曜日1限 4/13 「CALLセミナー室」
コーパス言語学研究B 岩根 久 水曜日1限 10/5 「CALLセミナー室」
コーパス言語学研究A 田畑 智司 水曜日4限 4/13 「言語情報処理LLシステム室」
コーパス言語学研究B 田畑 智司 水曜日4限 10/5 「言語情報処理LLシステム室」
コーパス言語学研究A 三宅 真紀 水曜日5限 4/13 「言語情報処理LLシステム室」
コーパス言語学研究B 三宅 真紀 水曜日5限 10/5 「言語情報処理LLシステム室」
自然言語処理A ホドシチェク ボル 金曜日3限 4/15 「言語情報処理LLシステム室」
自然言語処理B ホドシチェク ボル 金曜日3限 10/7 「言語情報処理LLシステム室」

〔注〕 「CALLセミナー室」はサイバーメディアセンター豊中教育研究棟4階マルチメディアセミナー室、「言語情報処理LLシステム室(307室)」は言語文化B棟3階です。

Culture and Colonialism

プログラム実施組織

言語文化研究科 言語文化専攻

修了要件単位数

8 単位以上

受講対象者

修士・博士

標準履修期間

1年

対象者制限の有無

受講資格・条件

無し

プログラム概要

本プログラムは、言語文化と植民地主義との関係を多角的に考察する力を育成するためのものです。  近代植民地主義の歴史は、古くは15世紀末の大航海の時代までさかのぼりますが、とくに18世紀以降は、旧大英帝国をはじめとするヨーロッパ諸帝国による植民地支配が拡大し、世界各地の言語文化に大きな影響を与えてきました。日本文化もその例外ではありません。また、20世紀にはアメリカ合衆国が世界の主導権を握り、近年ではグローバリゼーションの問題が大きく浮上していますが、これらの動きも近代植民地主義の歴史と無関係ではありません。  一方、旧植民地が次々に独立を果たした20世紀後半からは、エドワード・サイードの『オリエンタリズム』(1978年)をはじめ、旧植民地の視点から植民地主義の歴史やその言語文化的な影響を批判的に検討するとともに、旧植民地における活発な文化活動に着目する研究、すなわちポストコロニアル研究が力強く進められてきました。

教育目標

本プログラムは、このようなポストコロニアル研究の成果を踏まえ、ポストコロニアル理論やその関連理論、旧植民地やその先住民の言語文化、植民地主義にかかわる旧宗主国の文化、日本文化、また、これらの前提となる「文化」の概念などを検討することにより、受講生の理論的な理解力や、各種の言語文化に対する分析力を高めていきます。そして、これらの学習目標を達成した受講生に修了認定証を授与します。

修了要件

対象科目を履修して8単位以上取得すること。

特記事項

個別ガイダンスを4月7日(木)12:10~13:00、言語文化研究科A棟2階 小会議室で実施します。

プログラムに該当する授業の内容は、KOANのシラバスと各授業の第1回目の授業にガイダンスがありますので、それを参考にしてください。

問い合わせ先
言語文化研究科・外国語学部 豊中事務室 大学院係
TEL 06(6850)5856
電子メールアドレス genbun-daigakuin@office.osaka-u.ac.jp

なお、該当授業と講師、その第一回目の授業日・場所( )の予定は以下のとおりです。

該当授業 講師 曜日・時限 第一回目の授業日 場所
言語文化変容論A 小杉 世 月曜日2限 4/11 「第3演習室」「ミニシネマ」
言語文化変容論B 小杉 世 月曜日2限 10/3 「第3演習室」「ミニシネマ」
現代超域文化論A 木村 茂雄 火曜日4限 4/12 「第2演習室」
現代超域文化論B 木村 茂雄 火曜日4限 10/4 「第2演習室」
言語文化理論研究A ​​​霜​​​鳥​​​ ​​​慶​​​邦 木曜日2限 4/14 「第4演習室」
言語文化理論研究B ​​​霜​​​鳥​​​ ​​​慶​​​邦 木曜日2限 10/6 「第4演習室」
現代超域文化論A 伊勢 芳夫 金曜日5限 4/15 「第4演習室」
現代超域文化論B 伊勢 芳夫 金曜日5限 10/7 「第4演習室」
英文学作品研究演習 山田 雄三 金曜日2限 4/8、10/7 「未定」

〔注〕 第2,第3演習室は言語文化研究科A棟3階、第4演習室は言語文化研究科A棟5階、ミニシネマは言語文化研究科B棟3階(305室)です。

Intercultural Communication: Theory and Practice

詳細は国際教育交流センターのページをご覧ください。

Return to Top

Sitemap