Center for Multilngual Education, Osaka University

総合英語

対面式授業である総合英語には5つの種類があります。

 

1.  総合英語(プロジェクト発信型 / Project-based English)【科目紹介 (授業風景ビデオ)】
「総合英語(Project-based English)」は、受講生それぞれの興味関心事を出発点に、個人もしくはグループ単位で行うリサーチプロジェクトを中心とした授業です。授業では、自分で探した英文資料の読解や聞き取り調査などによるリサーチの成果を英語でプレゼンし、クラスメイトとお互いの内容や方向性について英語でディスカッションなどを行います。こうした活動を通じて、読む聞く話す書く全ての英語技能と学業に必要な研究力そして研究発信力を伸ばしていくことが授業の狙いです。この授業では、「正しい英語」を使うことに固執するよりも、下手でも完璧ではなくても主体的に積極的に英語を使用し授業活動に参加していくことが重要になります。学習効果を高めるために、他の授業などでより分かりやすい英語を書く話すことができるように訓練をすることももちろん必要です。

2. 総合英語(コンテント中心型 / Content-based English)
「総合英語(Content-based English)」は、各授業が設定する学術分野における様々なトピックについて英語で学ぶ授業です。授業では、英語での学術分野に関する講義の聴講をした上で講義内容を踏まえた英語でのディスカッションやプレゼンテーションなどを行います。こうした活動を通じて、情報整理のためのノートテイキングスキルなどを含んだ英語での講義への取り組み方、学術分野特有の語彙表現、論理構成などを学びます。学術分野の知見を広めることと、それを英語で理解し英語で議論することができる英語力を育成することが、授業の狙いです。学習効果を高めるために、授業に関連した学術分野に関する知識を英語・日本語にかかわらず学んでおくことが重要です。

3. 総合英語(リベラルアーツ&サイエンス / Liberal Arts & Sciences
「総合英語(Liberal Arts & Sciences)」は、各授業が取り上げる社会問題や言語文化、芸術、科学を学ぶ授業です。授業では、指定されたテキストや、英字新聞・雑誌記事、英語ニュース番組などを使って英語の文章の深い理解や、それらの内容に関連した様々なトピックに対するライティングやプレゼンテーション、ディスカッションなどを主に行います。こうした活動を通じて、読む聞く、そして話す書くといった英語技能だけでなく、異文化理解や異文化コミュニケーションの基礎となる力を育成するのが、授業の狙いです。学習効果を高めるために、授業外でも日常的に様々な国や地域の事象や情勢、最先端の科学ニュースなどに触れておくことが重要です。

4. 総合英語(パフォーマンスワークショップ / Performance Workshop)
「総合英語(Performance Workshop)」は、英語で話す書く技術、アウトプット能力を少人数クラスで徹底的に訓練する授業です。授業では、習熟度に応じた様々なアウトプット活動を行います。大学や職場などで遭遇する日常の事柄から社会問題・専門の学術分野の内容といった高度で複雑な話題を理解し発話できるようになること、また論理的かつ説得力のある文章を執筆できるようになるための基礎力をつけることが、授業の狙いです。学習効果を高めるために、他の授業など授業外でも積極的に英語のアウトプット能力を伸ばす機会を得ることが重要です。

5.  総合英語(アカデミックスキルズ / Academic Skills)
「総合的英語(Academic Skills)」は、大学での学びの基礎となるアカデミックスキルを英語を通して学ぶ授業です。効率的な情報収集スキル、情報の真偽・妥当性を判断するクリティカルシンキングスキル、重要な情報を素早く読み・聞き取ってまとめるスキル、論理的に情報を伝えるためのスキルなどのアカデミックスキルを、講義と演習を通して育成することが授業の狙いです。学習効果を高めるために、日本語・英語問わず、普段から授業で学んだスキルを他の授業などで実践していくことが重要です。

PAGETOP