トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

kiyo36

言語文化研究 第36号 (2010)木村健治教授・金子元臣教授退職記念号 目次

--------------------------------------------------------------------------------

  • 木村健治教授の略歴および主要研究業績
  • 金子元臣教授の略歴および主要研究業績
【言語文化専攻編】
  • 井元秀剛  日仏言語における「現在」― V-POINTをめぐる対照研究
  • 植田晃次  朝鮮語研究会(李完応会長・伊藤韓堂主幹)の活動と民間団体としての性格
  • 沖田知子  尺度含意と解釈
  • 坂内千里  「書傳」考 ― 南唐徐鍇の用法をめぐって ―
  • 里内克巳  溶けきらない移民たち ― エイブラハム・カーハン『イェクル』における同化・言語・ジェンダー ―
  • 瀧田恵巳  現代ドイツ語方向表現の統語的特徴と構文的意味について
  • 春木仁孝  現代フランス語の再帰構文受動用法 ― 副詞的要素・潜在的動作主と意味解釈 ―
  • 深澤一幸  1895年の四都竹枝詞 ―― ベルリンとロンドンの歌
  • BRENES, Ivan  Cities, Language Academies and the State of Minority Languages: Observations from the Quechua Academy in Cuzco, Peru
  • KOGUCHI, Ichiro  “Organic Happiness” versus“ the vale of Soul-making”: Changing Attitudes towards the Struggle for Existence in the Romantic Age
【言語社会専攻編】
  • 生田美智子  カムチャッカの高田屋嘉兵衛
  • 山元孝郎  ゲオルク・ビューヒナーの『ヴォイツェク』

--------------------------------------------------------------------------------