トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

gbg18

言語文化学 第18号 (2009) 目次

論  文

タイトル執筆者氏名
同人誌『友愛』からみる「日本語人」の植民地教育による影響陳  麗華
『観光紀游』に見る“病”と“治療”福井 智子
中国語の語気助詞“吧”に関する一考察 ―確認要求機能を中心に―黃   琬婷
音声環境が母音の無声化の知覚に与える影響
 ―台湾人日本語学習者を対象に―
洪  心怡
1970年代イギリスにおける「ブラック」と反人種主義運動
 ―人種関係協会(the Institute of Race Relations)の活動を中心に―
稲垣 健志
Onomatopoeic Neologisms in Japanese Comics井上加寿子
ホール・ランゲージにおける言語の学習と発達
 ―個人的な創案と社会的な協約との均衡化を中心に―
松本 敬子
日英類似音語彙の時間長西山 高子
スペイン語の不完了過去進行形と単純形の意味的相違岡 あゆみ
大阪在住女子高校生の「対立ごっこ」におけるポライトネス―
 「遊び」を伝える文脈化の手がかりを中心に―
大塚 生子
Hybridity as Postcolonial Iterability: A Comparison ofthe Critical Approaches of
 Arif Dirlik and Stuart Hall
杉浦 清文
ドイツにおける日本語学習動機に関する一考察
 ―3人の学生を対象としたepisodic interviewingの事例をもとに―
田村 知佳
中国における上級日本語学習者のスピーチレベルの使い分け
 ―初対面会話相手の年齢に応じて―
田  鴻儒
日本語とベトナム語の自称詞と対称詞に関する対象研究ヴー・ティ・トゥ・タオ
社会変動の中での個人の名づけ実践
 ―中国山東省李氏宗族の調査に基づいて―
王  愛静
中国語複合動詞「V出」の意味構造王  蓓淳

研究ノート

タイトル執筆者名
日本語漢字語彙習得の考察への一提案 ―中国語母語話者を対象に―郭  毓芳

 

学会の活動 

大阪大学言語文化学会会則 

『大阪大学言語文化学』執筆要項