言語文化研究 第37号 (2011) 目次

投稿日: 2019年11月5日

【言語文化専攻編】

 

  • 植田晃次  薬師寺知曨 – 別府地獄めぐりと朝鮮語をつなぐ人

 

  • 金崎春幸  フローベールとルーアン大聖堂

 

  • 小門典夫  中国語版Webメールで使用されている中国語表記

 

  • 坂内千里   「俗」考 ― 南唐徐鍇の用法をめぐって ―

 

  • 津田保夫  シラーにおける魂の不死の問題

 

  • 春木仁孝  生物主語から無生物主語へ ― 日・仏対照研究 ―

 

  • 平山晃司   刑罰の宗教的起源

 

  • 深澤一幸  王之春の「東京雑詠」「東京竹枝詞」

 

  • KOGUCHI, Ichiro  Utilitarian Principles in Wordsworth’s Literary Theory: Paley, Godwin and the “Preface to Lyrical Ballads

 

  • AUMAN, Oliver  Jenseits der Quellen – Eine methodologische Untersuchung zur Historizität des Shotoku Taishi –

 

  • ДЫБОВСКИЙ, Александр  О феномене радиостанции «Эхо Москвы» в медийном пространстве России

 

  • LORRILLERD, Olivier  Concevoir un manuel de français pour l’université japonaise : pour quelle adaptation ?

 

  • VEDRÉNNE, Véronique  Le théâtre tardif de Samuel Beckett: de la 《dis-location》 au 《suspens》 de l’image scénique

 

【言語社会専攻編】

 

— 学術論文 —

  • 生田美智子  19世紀初頭の日露外交:高田屋嘉兵衛拿捕事件を通してみる

 

  • 川北恭子  Quoi qu’ il en soit の機能分析

 

— 研究ノート —

  • 上原順一  MeCabで利用可能なロシア語辞書について

TOPへ戻る

サイトマップ