言語文化研究 第35号 (2009) 目次

投稿日: 2019年11月5日

【言語文化専攻編】

 

  • 植田晃次  日本近現代朝鮮語教育史と相場清

 

  • 尾崎久男  金(ゴールド)を修飾する色彩語について: 黄色か赤色か紫色か?

 

  • 坂内千里  『說文解字繫傳』引『字書』考

 

  • 里内克巳  旧体制の下で―チャールズ・W・チェスナット『杉に隠れた家』第18章の役割―

 

  • 瀧田恵巳  ダイクシス的方向表現とOrigo ―想定上のダイクシスにおけるher-とhin-の空間的用法に関する一分析―

 

  • ディボフスキー,A.   極東ロシアにおける日本研究と日本語教育の行方 ―東洋学院(1899-1920)の日本学を中心に―

 

  • 春木仁孝  フランス語の再帰構文受動用法の一体性について ―モダリティーの観点から―

 

  • 深澤一幸  895年の四都竹枝詞 ――パリの歌

 

  • 渡辺伸治  ダイクシスの定義と下位分類

 

【言語社会専攻編】

 

  • 生田美智子  日本統治下ハルビンにおける「二つのロシア」 ―ソビエトロシアと亡命ロシア―

 

  • 中川裕之  命令表現の日独語対照研究

 

  • 林田理惠  いわゆる「瞬間動詞」について ―ロシア語動詞アスペクト分析―

TOPへ戻る

サイトマップ