言語文化研究 第24号 (1998) 平田達治教授退官記念 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • 平田達治  ベルリーンの寛容と迫害の都市空間 —「シュパンダウ郊外地区」と「穀倉地区」—

 

  • BENOIT, Louis  Famille et chevalerie dans Le Conte du Graal de Chrétien de Troyes (クレチアン・ド・トロワの『聖杯物語』における家族と騎士道)

 

  • COSTIGAN, Edward  Essential Eliot (T. S. Eliotの詩に見られる定冠詞)

 

  • CROCKETT, Andy  When the Essay Essays its Postmodern Limits (近代批評以後)

 

  • HOSOYA Yukiteru  Sprachwissenschaft im multimedialen Zeitalter (マルチメディア時代における言語学)

 

  • OHTANI Akira  An HPSG Account of Japanese Raising-to-Object (日本語の目的語への繰り上げ現象のHPSG分析)

 

  • WATANABE Shinji  Zur Definition der direkten und indirekten Rede im Deutschen (ドイツ語の直接・間接話法の定義について)

 

  • YAMAMOTO Yoshiki  Autobiographie als Phantasie —Friedrich Dürrenmatts Winterkrieg in Tibet— (幻想としての自伝—フリードリヒ・デュレンマットの『チベットの冬の戦争』—)

 

  • ディボフスキー, アレクサンドル  ロシア語における「否定の生格」

 

  • 伊勢芳夫  近代日本のマスター・ナラティヴ —HearnとKiplingの視点から—

 

  • 小谷野敦  「女物語」と「男物語」の系譜 —明治20・30年代小説の一考察—

 

  • 松井理直  言語知識の対称性と運用の非対称性

 

  • 中埜芳之  ドイツ人がみた大正・昭和戦前期の日本(下)

 

  • 高岡幸一  『今昔物語集』天竺篇の登場人物について

 

  • 瀧田恵巳  herとhinの空間的用法と比喩的用法について —話者の観点による分析の試み

 

  • 上村和美  芥川龍之介『手巾』にみる「手」のイメージ

 

  • 渡辺秀樹  OED 3に収録される新語・新語義 —OED Additions Series l, 2, 3を読む—

TOPへ戻る

サイトマップ