言語文化研究 第19号 (1993) 吉田正勝教授退官記念 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • 吉田正勝  伊東静雄とドイツ文学

 

  • 吉田正勝教授の略歴と著述目録

 

  • 原田裕司  フロウムントのフォイヒトヴァンゲン書翰集

 

  • 金子元臣  文学的モデルネの展開とヘルマン・バール

 

  • 溝邊敬一  表現主義時代のベルリン —ベンと大都市ベルリン—

 

  • 力武(塩川)京子  ドイツ語CAIの考察と展望 —統合計算機環境における総合的言語教育を目指して—

 

  • 津田保夫  『ドン・カルロス』の統一性について

 

  • 山本 実  政治記者時代のブルクハルト (I)

 

  • Keiji AKAI  Japanische Kultur als Erbe (4) —Der japanische Buddhismus—

 

  • 北村 卓  ボードレールにおける「老い」の主題

 

  • 高岡幸一  『デカメロン』第七日話における姦通譚について —ボッカチオのNovelleにおけるars narrandi—

 

  • HARUKI Yoshitaka  Sur le démonstratif à renvoi notionnel

 

  • Yorio OTAKA  Lexique des premiers documents romans 3 —Grande Charte de Jean-Sans-Terre—

 

  • 森 祐司  ロマン主義とアウトドアブーム —19世紀のアメリカの森—

 

  • 齊藤 衞  『乱世』の復権

 

  • 齊藤俊雄  中世英国韻文ロマンス『アミスとアミルーン』試訳 (I)

 

  • Hideki WATANABE  On Diametrically Opposed Usages of the Old English Verb aspringan with special reference to The Psalter Glosses and The Paris Psalter

TOPへ戻る

サイトマップ