言語文化研究 第14号 (1988) 國本哲男教授退官記念 目次

投稿日: 2019年11月5日

  • 國本哲男  プーシキンとギリシア独立戦争

 

  • 國本哲男教授の略歴と著述目録

 

  • 中山恒夫  モノビブロスにおけるプロベルティウスの恋 —第1歌の解釈を中心に—

 

  • 齊藤俊雄・今井光規・三木邦弘  中英語韻文ロマンスのコンコーダンス編纂について

 

  • 宮川清司  「死への船出」 —ディラン・トマスの中心的主題—

 

  • 由本陽子  語と句の主題関係解釈におけるTHEMEの優位性

 

  • 玉井俊紀  『有情』の動詞について

 

  • 渡辺秀樹  Monsters Creep?: The Meaning of the verb Scriðan in Beowulf

 

  • 大庭幸男  Complementizer-Trace Phenomena and a Modification of Government

 

  • P. A. Herbert  Recording and Processing Data on Candidates in the Tang Examination System

 

  • Rolf J. Goebel  Rediscovering Japan’s Christian Tradition —Text-Immanent Hermeneutics in Two Short Stories by Shūsaku Endō—

 

  • 波田節夫  ハルスデルファーと農奴身分再導入問題

 

  • 吉田正勝  牧歌詩人としてのMaler Müller

 

  • 細谷行輝  意味理論の可能性 —「意味形態論」の解釈を中心に—

 

  • Armin Kohz  Zur Anrede im Polnischen und Deutschen

 

  • 中埜芳之  Das Bild des Japaners in der deutschen Presse (1910-1986)

 

  • 春木仁孝  非人称発話における状況補語について —定位操作とテームをめぐって—

 

  • 金崎春幸  『サラムボー』の時間構造

 

  • 和田章男  La genèse de Roussainville et de Montjouvain —La sexualité et la mort—

 

  • LaVona L. Reeves  Aristotle’s Topoi in Sartre’s “Existentialism Is A Humanism”

TOPへ戻る

サイトマップ